Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サケ缶&ごま油は老眼・視力改善に効果絶大!【この差って何?】シミ・そばかすにも!なぜいいのか?今流行りの水煮缶!




最近のサバ缶ブームに続き、次はサケ缶が話題になっています。

鮭缶は、老眼や視力改善、老化やがん、動脈硬化や、日焼けによるシミ・そばかすなど様々な

改善の効果があるそうです。

今回は、特に老眼にスポットを当てながら…

老眼とは?老眼の原因は?老眼には鮭がなぜいいのか?

アスタキサンチンとは?サケ缶&ごま油がいい理由は?

など、気になる点を調べてみました。

では、さっそくどうぞ♪

スポンサードリンク

老眼とは?

まずは、老眼とはどのような事を言うのでしょうか??

老眼とは…

人は、カメラで言うと、レンズに当たる、目の中の水晶体の厚みを変えることで、

ピント調整を行っています。

しかし、老眼になると近くのものを見るときに、水晶体の厚みを変えることができず、

ピントを合わせえられません。

水晶体の厚みを変えることができず、ピントを合わせられない。これが老眼です。

スポンサードリン

老眼の原因とは?

そもそも、老眼の原因とは一体なんなのでしょうか?

老眼の原因は2つです!!

①水晶体が硬くなってしまう

水晶体が硬くなると、伸び縮みしないので、厚みを変えることができません。

②毛様体筋の機能の低下

毛様体筋とは、水晶体の厚みを調整している筋肉のことです。

通常は毛様体筋に力が入り膨らむことで、水晶体を厚くするのですが、この筋肉が衰えると、

膨らむことができず、水晶体の厚みを厚くすることができません。

しかし、朗報です!!

毛様体筋が膨らまなくなっている場合、その機能低下は一時的なもので…

食事による改善が可能なのです!!

では、何を食べたらいいのでしょうか??

答えは…次にご紹介する、『紅鮭』です!

なぜ、紅鮭がいいのか?

前記の毛様体筋の機能の低下の原因は、活性酸素です。

活性酸素が発生する原因とは??

紫外線

・スマホを近くで見続ける

などが、原因で目の中に活性酸素が発生します。

この、活性酸素が毛様体筋を攻撃することで、機能低下が起こるのです。

この、活性酸素を取り除いてくれるのが、紅鮭に含まれる…

『アスタキサンチン』という物質です。

アスタキサンチンとは?

鮭のピンク色の正体は、アスタキサンチンという色素物質。

この特徴は、強力な抗酸化力を持っていること。

最近は化粧品やサプリメントにも使われているくらいで、肌のシミを生み、体を老化させる

『活性酸素』を撃退して免疫力や自然治癒力を高める働きがあり、アンチエイジングや老化

止に極めて効果的なのだそうです。

アスタキサンチンには血液の流れをスムーズにし、肌の新陳代謝を活性化するので、

日焼けによるシミ・そばかすなどが改善されるそうです。

その他、アスタキサンチンは、老化やがん、動脈硬化にも効果があるそうです。

スポンサードリンク

鮭缶&ごま油がベスト

紅鮭がいいのは分かりましたが、毎日切り身を買うのは難しいですよね。

そこで、手軽に安定して続けられるのが、缶詰。

切身だと骨など食べられない部分があるけれども、缶詰は骨まで軟らかくなっているので、

鮭の骨も皮もすべて食べられるのでおすすめの食べ物なのだそうです。

鮭でも、さまざまに加工された商品が存在するが、やはり健康という面では

水煮がベストのようです。

塩鮭や鮭フレーク、スモークサーモンも悪くはないのですが、どれも塩分を多く含んでいるの

で、水煮缶はその点、鮭の栄養素だけを最も効率よく摂取できるのです。

さらにごまに含まれている、セサミンがアスタキサンチンを目まで届けるのを守ってくれる

効果があるので、ごま油と一緒に摂るのがおすすめです。

毎日、一切れを、3週間続けるのが効果的だそうです!!

最後に

いかがでしたでしょうか。

アスタキサンチンという成分に様々な効果があるようですね。

最近では、アスタキサンチンを使った化粧品も増えてきているので、老眼にいいなんて驚きで

した。水煮缶は、栄養も凝縮して入っており、持ち運びもできるので、会社などにも手軽に持

っていけるので、続けやすいですね。

是非、参考にしていただけたら、幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする