Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

田畑毅(つよし)変態議員ついに辞職!女子高生淫行の変態すぎる行為とは?上西小百合も『馬鹿の極み』!




準強制性交等罪で刑事告訴され、2月21日に自民党を離党した田畑毅衆院議員(46)の

新たな女性問題が判明しました。

被害を訴えたのは、関東在住の当時女子高生だったA子さん。

今から9年前の2010年、行政書士をしていた田畑氏と出会い、今回の事件が起きました。

先日は、元交際相手の20代女性が被害を訴え、それを見た今回のA子さんが名乗り出てきた、

という流れのようです。

今回は、この女子高生淫行事件の詳細を調べてみました。

では、さっそくそうぞ♪

スポンサードリンク

田畑毅議員の女子高校生淫行事件とは?

田畑毅衆院議員は当時16歳の女子高生だったS子さんに、インターネットコミュニケーション

サービス「mixi」(ミクシィ)でコンタクトを取り、実際に会い、強引に肉体を求め、避妊もせ

ず片手にビデオカメラを持ったまま、強引に行為に及んだそうです。

高校2年生の時に、田畑氏に無理やり関係を迫られ、その様子をビデオで撮影された、

と告白するのは関東在住のA子さんはこう話しました。

「あれは2010年のこと。当時、私は16歳、高校2年生でした。

その頃、ミクシィを頻繁に利用しており、クラスメイトと制服姿で撮った

プリクラなどをアップしていました。

ある日、知らない男性から『こんにちは。ちょっとおじさんだけどいい?

とのメッセージが届いた。それが田畑さんでした」

当時の田畑氏は日銀を2008年に辞め、都内に行政書士事務所を開設していました。

政治家になるための準備期間中。

メールのやり取りを通じて徐々に距離が縮まり、ある日、A子さんは田畑氏から

「錦糸町においで」と言われたという。

「翌年の大学受験を控えて色々な悩みを抱えており、

『話を聞いてくれるかもしれない』という気持ちがありました。

錦糸町駅に行くと、10分ほど歩いて『自宅兼事務所なんだ』という古びた

マンションに連れ込まれた。

彼はおもむろにクローゼットからダンボール箱を取り出すと、

『これ、大人のおもちゃなんだ。試してみるか?』と聞いてきた。

中には怪しい器具がぎっしりと詰まっていました。

高校生の私は、そんなもの見たこともなかった。

言葉を失っていると、彼が力任せに覆いかぶさってきたので、

私は『止めて!』と叫び、必死に抵抗しました。

でも彼は、痛がる私を押さえつけながらハンディカムを手に持ち、

撮影し始めたのです。

避妊具は付けたがらず『殺精子剤を使うから大丈夫だよ』と言って、

そのまま押し入ってきました」

スポンサードリンク

田畑毅議員の国会議員とは思えない悪行!

この悪行は週刊文春やアサヒ芸能が大々的に報じており、事実であれば、週刊新潮が報じた

20代女性に対する悪行も含め、鬼のような色情魔といえますね。

本来は日本をより良い国にするため尽力し、女性や子供たちが住みやすい国にしていくことが

仕事のはずの国会議員とは思えない悪行ですよね…

被害者の女子の年齢は当時16歳であり、未成年のまだまだ子供です。

そんな幼い子供に対して、見本となるべき大人が強引に肉体を求め、無理矢理行為に及んだ

ことが事実であれば、決して許されるべきことではないですよね。

田畑毅議員ついに議員辞職へ!

元交際相手の女性から準強制性交の疑いで刑事告訴された田畑毅議員。

寝ている女性をレイプし、その様子をスマホで撮影していたというおぞましい行為が

2月21日発売の「週刊新潮」で報じられると、その日のうちに自民党を離党。

その後、説明責任を果たすこともなく、雲隠れを決め込んでいたようですが、

今回の女子高生淫行事件が発覚し、ついに議員辞職願いを提出したようです!

スポンサードリンク

上西小百合、『馬鹿の極み』とコメント

元衆議院議員のタレント、上西小百合(35)が28日、ツイッターを更新し、

「私はSNSで知り合った異性と男女として会うなんてのには大反対。

そんな使い方なら例えばFacebookだろうがなんだろうが

“出会い系サイト”に早変わり。

罪悪感と羞恥心をごまかしてるだけ。

ましてや議員がそんな使い方をするなんて論外。馬鹿の極み

とバッサリ切り捨てたようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする