Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

竹田純代(ドンファン家政婦)元旦那が覚醒剤で逮捕!家政婦の時給は?(1番だけが知っている)




事件から1年が経過しましたが、未だ未解決のまま。

ドンファンこと野崎幸助さんの不審死事件。

犯人として疑いの目が向けられているのは、もちろん遺産の入る妻・野崎早貴さんですが、

もう一人の疑惑の人物が事件当時、妻と一緒にいたドンファンの家政婦 竹田純代さんです。

なんと、竹田純代の元旦那は覚醒剤で3度逮捕暦があるんだそう!

改めて、竹田純代さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

ドンファンとの出会いは?

紀州のドンファンと家政婦の竹田純代さんの出会いは、六本木でのクラブです。

家政婦の竹田純代さんがホステスとして働いていた時に出会っているようですが、

「4000人の女性に30億円をつぎ込んだ」で有名な野崎幸助さん。

女性に目のないドンファンですから、若い頃の竹田純代さんと身体の関係があったのでは

ないかとも思ってしまいますが、真実はどうなのでしょうか?

それから、30年の付き合いですから相当な長さです。

スポンサードリンク

ドンファンとの付き合いは?

竹田純代さんとドンファンの付き合いは30年なので、家政婦期間も相当長いのかと思いきや、

何とも短い8ヶ月』だそうで、驚きました。

野崎幸助の家政婦がいう私がドンファン殺してない理由」とは

「そんなことしたら、給料もらえなくなるでしょ」

というのが身の潔白の理由づけ、ということですが、もしこれ、遺産の入るモデル妻と

結託していたならば、『遺産が入ったら、報酬を渡す』と約束しとけば、

もう一生これ以上働かなくて済むのではないでしょうか。

竹田純代さんはテレビのインタビューにも堂々と答えてバンバン顔出ししています。

顔を出せるのは、確かに勇気がいることですし、身の潔白の証明、とも捉えられますが、

今までの事件であえて、インタビューに答えた人が犯人だった、というのも過去にありました

からね。

ここはまだまだ疑いの目を向けてしまいます。

ほとんどの人は、「妻が怪しい」と思われてるでしょうが、証拠が出るのか出ないのか。

捜査の進展が待ち遠しいです。

スポンサードリンク

家政婦の給料は?

4時から16時まで家政婦契約で、16時以降は外出していいのだとか。

また家政婦の給料については、日給1万だったものをドンファンと交渉して、

直近の給料は日給15000だったということです。

スポンサードリンク

竹田純代さんの自宅は?

竹田純代さんの自宅マンションは、東京の六本木です。

六本木からわざわざ、週に数回、ドンファンの待つ和歌山の自宅まで家政婦をしに出かけてい

たそう。なかなかできるものではないですよね。

その理由をこう話しています。

野崎社長は大切な物を盗まれたりするのが怖かったようで、

あまり人を寄せつけませんでした。

私と社長は長年の関係がありますので、誰よりも信頼されていたと思います。

スポンサードリンク

竹田純代さんが犯人と疑われる理由

それが、覚せい剤と竹田純代さんの関係

実は、竹田純代さん元夫は覚せい剤で23回逮捕されたことがあるようなんです。

そして離婚後も、家政婦のもとに金の無心がなんどもあったそうです。

夫婦ならば、それは近しい間柄、そしてお金も絡んでいます。

そもそも、普通の人が覚せい剤と関わることなんて、ほとんどないと思いますが、

家政婦の竹田純代さんは違うんですね。もちろん、旦那が覚醒剤を使っていたのは知っていた

でしょうし、覚醒剤の致死量や、口で直接飲んだ時などの知識を聞ける覚せい剤に詳しい

「元旦那」がそばにいたわけです。

これも警察も、覚せい剤の出どころを相当捜査しているようですから、もしかしたら、

覚せい剤の入手先が家政婦の元旦那、また元旦那が今回のドンファン事件に何かしらの

関与もあるかもしれません。

関連記事はこちら

資産家として知られ、多くの女性との交際遍歴から紀州のドン・ファンこと 野崎幸助さん(当時77)が急性覚醒剤中毒で急死して ...

スポンサードリンク

最後に

野崎幸助さんのお葬式は、40人ほどの参列者だったそうです。

資産40億ほどの方で、デヴィ夫人とも親交があったというのに、

寂しいお葬式だったのですね。

事件の真相はまだまだ時間がかかりそうですが、時間がかかっても犯人が見つかることを

願います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク