Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ティロ・フェヒナー(中谷美紀旦那)子供や元妻や年収がヤバい!5又騒動の真相は?




日本を代表する女優・中谷美紀さん。

2018年の結婚後は、生活の拠点を海外に移しているので、なかなか見る機会が減ってきました。

そんな、中谷美紀さんを射止めたドイツ人の旦那、ティロ・フェヒナーさんについて

調べてみました。

では、さっそくどうぞ!

スポンサードリンク

ティロ・フェヒナーさんのプロフィール

名前:ティロ・フェヒナー

本名:Thilo Fechner

生年月日:1968年生まれ

年齢:50歳~51歳

出身地:ドイツ・ベルリン

身長:180cmあたり

体重:不明

職業:ビオラ奏者

ティロ・フェヒナーさんはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ビオラ奏者

ベルリンの音楽一家に生まれたサラブレッドで、オペラの殿堂「ウィーン国立歌劇場」

楽団員も兼任している、超エリート、超多忙な方です。

ウィーン・フィルの精鋭らで結成されたアンサンブル、ザ・フィルハーモニクスでも

ご活躍されています。

スポンサードリンク

ティロ・フェヒナーさんの経歴は?

1993年から2年間、ベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーに参加。

スイス・ロマンド管弦楽団、ミュンヘン・フィルを経て、

2004年からニューイヤーコンサートなどで知られる世界最高峰のオーケストラ

ウィーン・フィルハーモニーのメンバーに。

同楽団ではツアーマネジャーも担当する敏腕の持ち主です。

ティロフェヒナーさんは元々、ベルリンの音楽一家に生まれており、

優秀な遺伝子を受け継いでいたようです。

出身大学は、ベルリン芸術大学を卒業しています。

ベルリン大学なんて、日本の方には聞きなれない大学名ですが、

この大学はプロのピアニストや音楽家が通うエリート大学として有名。

入試の試験には、学校の中で一番大きいホールに1000人くらい集めて、

数名の審査員が座っており、そこで入試試験を行うこともあるといいます。

芸術大学の中では、ヨーロッパの中でも一番大きい規模があるといわれる音楽家なら誰もが

憧れる大学なのです。

そこで、ティロフェヒナーさんは天性の音楽の才能を活かし活躍したあと、

ニューヨークにあるジュリアード音楽院でも音楽を学んでいます。

音楽の名門校で、一通り音楽を学んだティロフェヒナーさんのその後の経歴は以下。

・ベルリンフィルのカラヤンアカデミー

・ベルリンバロックオーケストラ

・スイスロマンド管弦楽団

・ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

・ウィーン国立歌劇場管弦楽団

・ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

ティロフェヒナーさんは、以上のような団体に所属して、

大きな舞台で演奏してきた本物の音楽家なのです。

そして、現在は世界3大オーケストラに数えられるウィーンフィルの奏者として活躍中で、

世界を飛び回っているといいます。

欧米だけでなく、アジアでも演奏活動を行うなど、現在世界中を飛び回っている

超超超一流の演奏家ということになりますね。

スポンサードリンク

ティロ・フェヒナーさんの年収がヤバい?

オーケストラで活躍する音楽家の年収は、歩合制や固定給料制だといわれています。

ティロフェヒナーさんは世界を代表する奏者なので、

間違いなく、歩合制でお給料を貰っていると思われるので、

その年収は3000万円を超えるともいわれています。

日本のトップレベルの奏者でも年収1000万円あるかどうかなんて言われているので、

そう考えるとティロフェヒナーさんの年収は非常に高い方でしょう。

スポンサードリンク

ティロ・フェヒナーさんの子供と元妻は5股??

正直これほどのイケメン男子でしかも年齢が50歳というこですから、

これまでずっと独身だったしたら、なんとも不思議ですね。

結婚婚歴とかはないのでしょうか。

気になって調べてみたのですが・・・

どうやらファッションモデルや音楽関係者との交際歴があるようですね。

でも結婚とまではいっていないようです。

ですので、元妻もお子さんもいらっしゃらないようです。

ただ、どこからの噂かしりませんが、一部報道ではフェヒナーさんが

5股をしているという話も浮上しています。

「実は、フェヒナー氏には女性のパートナーがいるという話なんです。

それだけではありません。何と『5股している』という噂まで飛び交ってい

る。まあ、どこまで本当かわかりませんが、あのルックスと肩書ならあり得な

い話ではない。年齢的にも子供がいてもおかしくありませんし。

もちろん、中谷さんは彼のプライベートもよくわかっているとは思いますが、

ちょっとひっかかりますね」(芸能プロ関係者)

引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/638154/

スポンサードリンク

2人の馴れ初めは?

ティロ・フェヒナー氏は、2016年10月に東京都内で行われた世界的指揮者小澤征爾氏と、

インド人のズービン・メータ氏が指揮を執るコンサートにウィーン・フィルハーモニーとして

出演するため来日しました。

そのときに、フェヒナー氏と中谷さんは共通の知人を介して知り合い

中谷美紀さんがもともとクラシック好きだったこともあり、

得意の英語で話しかけて意気投合したようです。

フェヒナー氏も中谷美紀さんの美しさと日本人らしい奥ゆかしい性格に心を奪われ、

ほどなく交際に発展。

約2年の交際を経て、この度結婚ということになったそうですよ!

結婚後、中谷美紀さんはこのように話しています。

「ヴァイオリンをはじめとする様々な楽器の音に真摯に耳を傾け、

自らの音を主張するのではなく調和を大切にしてきたヴィオラ奏者だから

こそ、私のような自由を愛する人間をも手なずけることができるのでしょう」

大人なコメントですね!!

スポンサードリンク

夫婦の会話は何語?

実は中谷美紀さんが英語・フランス語が流暢です。


 出典:https://www.youtube.com/watch?v=8vuLf7Cyhfc

ドイツ人である旦那さんのティロ・フェヒナー氏は、

英語と母国語であるドイツ語2カ国語を話します。

なのでバイリンガルということになりますね。

日本人が英語を話すとスゴイ!という感じですが、

実はドイツ人が英語を話せるのは一般的なことです。

日常的に英語にふれる機会が多い国なので、日本よりは自然と習得しやすいそうですよ。

中谷美紀さんはどうやらフランス語のほうが堪能のようです!

これは、中谷さんが20代前半のころ、パリに憧れ4畳半の屋根裏部屋・共同風呂&トイ

レ」という激安アパートを借りて暮らしていたことがあるほどのパリ好きから、

自然とフランス語の方も習得していったのではないかと思われます。

数ヶ月間日本で仕事をしては、数ヶ月間パリにて過ごすという、

行ったり来たりの生活を長い間続けていたのだそなんですよ!

ですので、もはや日常レベルでフランス語使いこなすという実力なんですね。

ウィーン国立歌劇場管弦楽団」と「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」は一体どう違うのか

ウィーン国立歌劇場は、19世紀中期に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世がウィーンの

都市計画の一環として建てた宮廷歌劇場を前身とします。

その専属オーケストラが、ウィーン国立歌劇場管弦楽団です。

国立ですから楽団員は国家公務員であり、待遇も非常に恵まれています。

ウィーン国立歌劇場はウィーンの観光名所のひとつですから、

一度もオペラを鑑賞したことがない方でも、旅行でウィーンを訪れた際に、

この歌劇場でオペラを鑑賞する方は大変多いようです。

2002年に、小澤征爾さんがこのウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任し非常に

話題になりました。

ちなみに、小澤さんは日本人指揮者として初めて、ウィーン・フィルのニューイヤー

コンサートを指揮されました。

このウィーン国立歌劇場管弦楽団のうち、選抜メンバーらによって自主的に

運営されているのが「ウィーン・フィル」です。

国立歌劇場から徒歩数分のところに位置する楽友協会に、本拠地を置いています。

かつてウィーン・フィルには、ウィーン出身の男性のみという団員の条件があったそうです

が、現在では多国籍で女性団員もおり、民主化が進んでいます。

自主運営団体として、定期演奏会のプログラムや指揮者もすべて、

団員が決定しているのが特徴です。

ライブやCDなどの収入で運営されています。

中谷美紀さんはいつ見ても美しいですね!

素敵なご夫婦に今後も注目していきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする